古川貴子(ふるかわよしこ)

神奈川県出身。

東京芸術大学を経て、同大学院修士課程修了。大学卒業時に東京芸術大学音楽学部「同声会賞」受賞。

2009年秋に渡独し、エッセン・フォルクヴァンク芸術大学マスタープロフェッショナルパフォーマンス課程を修了。

現在ミュンスター音楽大学ドイツ国家演奏家資格課程に在籍し研鑽を積んでいる。

 

2016年第13回シューベルト国際ピアノコンクールにて第4位(ドルトムント)。2017年第6回トロイスドルフ国際ピアノコンクールにて第1位、2015年スタインウェイピアノコンクールにて満場一致の第1位(ミュンスター)、2013年第3回アンドレア・バルディ国際ピアノコンクールにて第1位(ボローニャ)、2012年第21回ジャンルカ・カンポキアーロ国際コンクールにて満場一致の第1位、併せて特別賞、エベラール賞を受賞(カターニア)、その他にも多数の国内外のコンクールにて優勝・入賞を重ねている。

 

2014年ドイツ・ショパン協会主催リサイタル(コトブス)、2011年リサイタルシリーズGroße Klaviermusik(デュイスブルク)への出演をはじめ、エッセン、ミュンスター、バーデン=バーデン、ミュルハイム、ガッゲナウ等のヨーロッパ各地にてソロリサイタルに出演。

また2013年エミリア・ロマーニャ音楽祭(ペーザロ)にソリストとして招聘され、好評を博す。

WDR3(西ドイツ放送)にて演奏が度々放送される他、グラッドベックとガッゲナウでのコンサートにおけるシューベルトの演奏は紙面にて絶賛された。

 

近年日本では、2012年東京芸術大学の推薦により山田耕筰の所有していたスタインベルク・ピアノの修復記念コンサートに出演する他、2014年山田和樹・下田市民会館名誉館長就任記念演奏会にソリストとして出演、2016年カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」において東京藝術大学同声会コンサートシリーズとしてリサイタルを行った。

また2015年文化庁委託事業・日本演奏連盟主催「新進演奏家育成プロジェクト」リサイタルシリーズのオーディションに合格し、2016年東京文化会館小ホールにてソロ・リサイタルを開催。

 

これまでにソリストとして、山田和樹、岩下光樹、ファブリツィオ・ヴェンチューラ、スタニフラフ・ヤヴォンスキ、イアン・ファウンテン、マリオン・ウッド、セミ・ファン、セルゲイ・ボルクホーヴィチの各氏、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、グラスパーレンシュピールシンフォニエッタ(タリンシンフォニエッタ)、N響団友オーケストラ、シュトローゴイ交響楽団等、数多くの国内外のオーケストラと共演。

また室内楽奏者として、ウルリッヒ・ベーツ氏をはじめ著名な演奏家と共演を重ねている。

 

これまでに、ピアノを江崎光世、青柳晋、三宅麻美、アルヌルフ・フォン・アルニム、ミヒャエル・ケラーの各氏に、室内楽を迫昭嘉、藤森亮一、ディルク・モンメルツの各氏に、ハンマーフリューゲルをウルリッヒ・ベーツに師事。

 

現在ドイツに在住し、日本・ヨーロッパにて幅広く演奏活動している。

 

古川貴子ウェブサイトwww.yoshiko-furukawa.com